しん・オトナnot@nteiができるまで

                      おとなのたんていができるまでの記録です。少しでも雰囲気が伝わるといいなぁ。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< ブレスト ろん | main | 報告−おとなのたんていの会第3回 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
決定してること
現在、決定している大枠はこんな感じ。1アイディア考えるときに参考にしてください。
(以前の記事に少し修正を加えました)

・参加目安は50人。
・5人×10チームでスタート。
・スタート→ゼッケン(?)の暗号→ゴールを示す暗号が隠された場所(複数)→ゴール。
・前半の時間で、5人チームから10人チームになることができる。(チームの合体方法は要検討)
・進行中、チームのメンバーはメーリングリストで連絡を取り合う。

各自が文字を持っていて(ゼッケンを背負うかは微妙に未定)、他チームの文字を探し集める。
チームの文字が暗号となっており、これを解くことで次のヒントへつながる。
自チーム以外の9ヒントが集まればゴールの場所(もしくは人など動くもの)が分かる。
ゴールにたどり着いたら終了。


そして、これからの課題はこちら。

・5人チームが10人チームになる方法(案1:組むことができる相方チームがわかれば打診できる。案2:ある集合場所に10人でプレーしたい5人チームが集まってきて2チームが出会ったら10人チーム成立。など)

・暗号(プレイヤーが持つ文字)とそこから手に入れるヒント(どこかに隠す?とか、さらにゴールは?どこ?何?など)の運用方法
(並び順の都合で最後のヒントだけでも目的地に直結する!みたいにならず全ヒントが必要なように!)
| hiramekids | 議事録 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://otonanotantei.jugem.jp/trackback/9